妊娠3か月の時、結婚写真を撮りに行きました。結婚式の前撮り写真です。つわりがひどく、撮影どころじゃないかと思っていましたが、一生に一度の琴なので、慣れないキツイ着物を着て、野外での撮影を選びました。そのスタジオでは、着物を着て大阪城をバックに撮影しましょうというプランがあり、それにしてみることに。当日、食べづわりだった私は何かを食べていないと気持ち悪くなるので着物を着て綺麗にしてもらっているのに、片手にはパンやおにぎりをにぎりしめているというありさま…いざ撮影がはじまると、平日だったにもかかわらず、大阪城だけに観光客の人もわりと多くいらっしゃいました。着物が珍しいのか、着物と大阪城という写真を撮りたかったのか、それとももしかして私ではなく、旦那の着物姿を「サムライ」と思って撮りたかったのか不明ですが、とにかく外国の方がたくさん寄ってきて、フラッシュの嵐(笑)嬉しいような、こっぱずかしいような。。。結婚写真なんだか、和装コスプレなんだかわからない状態になってました。まだ外国の方が珍しがって写真を撮るのはわかりませんが、なぜかどこからともなく知らないおじさんがやってきました。

しかも片手に、木の枝。木の枝にはオウム。意味不明。。。オウムを飼っているようで、散歩中とのこと。。。それ散歩になってるん?と思いながら、しかもなぜかその木の枝を持たされ、記念撮影。なんだこれ?その写真どこで使うんだ?といろいろと疑問に思いながらも、結婚写真撮影中でテンションも変だったのでその時はあまり気にしませんでした。今となってあのおじさんはなんだったのか、あの写真はどう使われたのか気になります。最初は着物で結婚写真を撮っていましたが、白無垢での写真も撮ってもらうことになっており、どこで着替えるんだろ~と思っていると、神社の隣!!おいおい、生着替えですか?という感じでぱぱぱ~っと着替えさせられ、頭もセットされ重たい感じ。。。自分がどうなったのか、鏡を大して見せられることもなく、白無垢の写真撮影です。

それもまた外国の人に受けたらしく(着替えの時はさすがにある程度は隠れてたので寄ってくる人はいませんでしたが。。。)フラッシュをたかれました。野外撮影っておもしろいんだな~と思う体験でした。和装を身にまとって、お城で結婚写真を撮影!外国の方にもフラッシュをたかれてびっくり~。結婚写真撮影中にどこからともなく買っている鳥のオウムの散歩中だったおじさんが寄ってきてオウムを持たされて記念撮影して去っていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*