結婚写真は男性がタキシード、女性がウェディングドレスを着て写っている事が多いです。結婚式は一世一代の期待です。結婚式をビジネス展開している企業もあれば、当然ですが、着物も同様にしている企業も存在しています。企業はとにかく顧客を取り合うものだと認識しています。結婚写真は綺麗に映りたい、専門家による記念撮影は重要ですから、これは一生モノにしなくてはいけません。結婚式は一回きりを基本にしています。夫婦が金婚式などをやりたいと思うようになったら「是非、うちで遣って下さい。」と企業は広告を出しています。基本結婚式の方が力になります。女性は年々夫婦の力関係が揚がっていくのは仕方がない事でしょうか?夫婦は最初に結婚式で撮影した初婚の初々しい姿はいつの間にか無くなっている事にも気づきます。結婚式をビジネスにしたもの、男女は出会いがあると思ったらなかなか見当たらなかったというのが今の男女の現状なのです。ビジネスを拡げなくては、と考えるようになった企業は数知れずです。婚約活動、略して、婚活が新たなビジネスになっているような気がします。結婚するまでが付き合いになるものだと思います。そこに目を向けているのですが、最初から付き合っていてもどうやって進めたらいいのか、それは結婚式の手続きなどが非常に大きな鍵になります。結婚式は瞬く間に事情も変化が生まれています。そこに着いていく事が一番です。結婚写真は永遠と消えません、若しくは企業による宣伝活動の一環で使われる可能性も残されています。

実際に私の知り合いが20年前以上の七五三で映った写真が今も飾られていました。これは恥ずかしさでもありますが、記念にもなります。「自分が成長したと実感できるよ。」とケロッと言っていたのを覚えています。その店は今も健在なので、潰れない限りは永遠と残るような気がします。結婚写真は一生の宝物です。

そして記念になる物だったら、永遠と残したい気持ちはあります。結婚写真に限らず、将来的に結婚生活何十周年記念イベントは開催されるのは有り得る話です。自分達が会社をリタイヤした時こそが長く一緒に生活するチャンスが出来たと夫婦生活の新たな門出になります。今まで同じようにいくという保証はありませんが、結婚写真も一つの区切りで残しておきたい物です。結婚式会場は沢山ありますから、自分があげた場所でこれからは結婚何周年記念で空けて貰うというのは最高の瞬間だと思います。その式場との信頼関係がなせる偉業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*